Util/ImageJ

簡単な画処理プログラム(ラベリングと重心抽出)をPython+OpenCVで作ったのだけど、(というか似た様なコードはググると結構出てきて、小変更で使える)、これまたコード皆がいじる訳では無いので、何かないかな?とちょっと探してみたらImageJというオープンソースプログラムに当たった。
(概要はWikipediaのImageJ参照下さい。)
どうも生物学界隈ではデファクト・スタンダードなのだそうた。そこそこUIもしっかりしているし、目的の粒子ラベリングが何の苦も無く出来てしまった。 アメリカ国立衛生研究所に感謝の1日だった。


Amazonへの関連書籍のLinkでも張れば良いのかなぁ・・・そういう技が現在無い私。(^^;

投稿者:

kao-

「かお」とよみます。kao-web.netは某、有名企業とは関係ありません。 単なる個人サイトで、興味のあることについてメモ代わりに使いつつ共有したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です