Windows10のStartメニューを久しぶりに眺めたら色々機能が増えていた。(^^;

MS-DOSの頃からPCを使っていたので、マンネリ化してしていたのかなぁ・・・と反省。
1.「切り取り&スケッチ」というメニューを見つけた。
2.他のWindowsPCがセカンドディスプレイになる。

何気なくスタートメニューを眺めていたら、「か」の所に「切り取り&スケッチ」というのを見つけた。(^^;
私、これまでctrl+ScreenCopyで画面をコピーしてクリッピング(これはWindows10で機能が強化されたと思う)を使っていたのだけど、それより便利かも。

あと、別のPCがセカンドディスプレイになるというのが分かった。今更かも知れないけど。
どうやるかはgoogle先生で検索してもらえば結構見つかります。
(手抜きだなぁ・・・)


ESP32/Logging memo

精密農業をしたいという場合、例えば温度をLoggingしていくわけだけど、
考えている人は結構いて、下記の様な事例が結構見つかる。
私のいじった感じでは、データのやり取りの規格なんかはまだ無いのかも知れない。
通信コマンドとかもう少し体系化されると良いと思うのだけど、
そうなると折角の軽めに書いてあるコードが長くなってしまうんだろうけど。もう少し機能を体系化する必要があると思っている。

【arduino農業】ビニールハウスの温度をクラウドで管理する
Arduino ESP8266で温度・湿度を測定し、Ambientに送ってグラフ化する
Interfaceなんかも特集しているが、人気があるのか?売り切れのサイトが多い。

IT農耕実験
これ、さっさとこの環境で基本部分を作らないと、あっという間に次の世代が出てきそうな気がしてきた。(^^;
ソースコードの互換性はあるかも知れないけど。

まずはメモだけ書いておいて、内容をもう少し充実したいところです。

あと最近分かったのは、不揮発メモリを使う事なのだけど。これも検索すると結構出てくる。
ある程度使いこなせる様になったら、公開したいと思います。

↓これってセルフパック(自分で買ってもOKらしい)

モバイルバッテリー

これまでAmazonで買ったSG-3000DXという機種を使っていたのだけど、しばらく充電しなかったら、
死んでしまった。 鉛蓄電池なので、一旦ダメになると、ほぼ復活しない。
後継機種となると、SG-3500LEDなんだけど、こんなの いろいろ見ていると、バッテリー交換をする人もいた。 
バッテリーはこれとか。レポートもや動画もある。この時点の値段は4,770円かぁ。
この手の鉛蓄電池は、一時に大容量の電流を流したい時に確かに便利で、エンジンをスタートさせたいとかだと、良いとは思う。実際、他の人のエンジンかけるのにも役立ったし、100Vも使えて重宝した。
ただ、本来の私の様とは望遠鏡の架台駆動で12Vがあれば良い。
で、どうしようかな・・・と迷っていたら、最近はスマホのニーズで色々な高密度のバッテリーがある事が判って来た。で、結局や若干安売りをしていた、これにした。
「MAXOAK 50000mAh超大容量 バッテリー 」とか言うもの。
これまで100VのACアダプタを介していたのだけど、12Vも直接繋げて、望遠鏡も動いた。
めでたしめでたし・・・なのだけど、その後曇りが続いている。

これ、写真を張ったりAmazonにLinkするにはアフェリエイト申請した方が良いのかも知れないなぁ・・・。
MAXORKって中国で結構大きな会社みたいです。 工場は深センかぁ・・・。
この手のものはすっかり中国製になってしまいましたね。


ウーパールーパーな人々

プログラミングの調べものをしていると、良くQiitaに行きつくことが多い今日この頃。
その中で見つけた文書。
[翻訳]あなたがプログラミングに向いていない10のサイン
ここの一番の所に「好奇心」が来ている。
個人的に好奇心というものは「子供」の特性だと私は考えている。
とは言え、新しいものというものは、こういった所から生まれてくるものだとも考えている。
ある程度年齢が行っても年齢不詳な人々を私は「ウーパールーパーな人」と呼んでいる。
~幼生体で生きていくのねという感じで。
最近はウーパールパー(wikipdia)自体があまり聞かれなくなったかも知れないが、一時期はCMで良く見られたものだ。最近はあまり見ないかも。 (これって、メキシコサンショウウオの流通名だったんだ。)
ウーパールパーも住みにくい世の中になったのかも。 まぁ、私もカテゴリー的にはそういう人種かも知れないなぁ・・・と思うのだった。



Util/ImageJ

簡単な画処理プログラム(ラベリングと重心抽出)をPython+OpenCVで作ったのだけど、(というか似た様なコードはググると結構出てきて、小変更で使える)、これまたコード皆がいじる訳では無いので、何かないかな?とちょっと探してみたらImageJというオープンソースプログラムに当たった。
(概要はWikipediaのImageJ参照下さい。)
どうも生物学界隈ではデファクト・スタンダードなのだそうた。そこそこUIもしっかりしているし、目的の粒子ラベリングが何の苦も無く出来てしまった。 アメリカ国立衛生研究所に感謝の1日だった。


Amazonへの関連書籍のLinkでも張れば良いのかなぁ・・・そういう技が現在無い私。(^^;

Gimp/script

2019/03/13
Photoshopは持っているのだけど、他の人達にFreeで使ってもらうとなると、Gimpを選択する場合が多い。
で、たまにマクロを作りたいという場合があって、個人的にPythonの方が敷居が低いので、簡単なコードを追加したりしている。
ついこの間、Gimpが2.10.8になっているのに気が付いたのだけど、2018年の11月にはupdateされていた。
updateしたら、自分で追加したコードのメニューが消えていた。(^^;;;;
Pythonコードを入れ始めたのが、Gimp2.8からで、この時は
C:\Users\ユーザ名\.gimp-2.8\scripts  に放り込んであったのだけど、どうも変わったらしいと気が付いた。
で、色々と調べたら、メニュー:[編集]-[設定]の左のメニューの+フォルダーを開いて、[モジュール]を見ると
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\GIMP\2.10\modules というものがあるのに気が付いた。
いつの間にか、仕様が変わっていたんですね。(^^;

アフェリエイト

個人的な興味なのだが、サーバーのmenuの中にアフェリエイトというのがあった。
で、試しに登録してみたのだが・・・このサイトって、あんまり来訪者がいるとは思えないんだよね。
ただ、実際世の中、どんな感じなんだろうという事で、ちょっと試しに付けてみた。
でも、選択したりいろいろと面倒だったりするんですね。
もう少し自動的に選択してくれるのかと思った。

ちなみに、このページって、htmlって効くのかな?
試しに張ってみるけど・・・。
このサイト(というかブログ)はWordPressで動いているのだけど、私は超初心者で見栄えが悪いのだけど、
sourceにして張り付ければ、下記の様にバナーが表示出来るようになる模様。

<hr>とかも普通に使えるのね。


提携の中には、自分で注文してもポイントがもらえるものもあるらしい。
あと、こっちは日立造船の時からのお付き合いですね。
例えば、 (いや、私の知っている所で、以前お世話になったのは下記↓)
あ、ここは審査中になってしまいました。 後でOKならばちょっと張ってみます。


こんな画像Linkは?

raspi/error対応

1.pipでerrorが出た
1.1 error ImportError
“Traceback (most recent call last):
File “/usr/bin/pip”, line 9, in <module>
from pip import main
ImportError: cannot import name main”
結局:pipの指示に従ってupdateしてはいけなかった模様。
元に戻して、
sudo python3 m pip uninstall pip && sudo apt install python3pip reinstall
この辺の問題が対応されるまで待つのが得策の模様
参考:ここ 
KOKENSHAの技術ブログ 
Python pip3 – pip upgradeした後 「cannot import name ‘main’ 」error

感想:こういう問題の対応って鮮度が大切で、そのうち直ってしまう問題だよなぁ・・・
   昔からこういう事に振り回されてきた気がする。でも、自分でやるよりは早いよなぁ・・・。
試行1:上手くいかず
対応: suにして /usr/bin/pipを書き換え
leafpad pip     (GUIの場合はleafpadを使った)

from pip import __main__
if __name__ == '__main__':
    sys.exit(__main__._main())

参考:Qiita,  他の方法 これも参考になった
これ、そもそも/usr/bin/pipはpip2と同じ動作なので、この辺が上手くいかない原因らしい

pip3 listとかすると上手くいく 結局、現時点でupdateしてはいけなかったらしい・・・